法律も関係していると忘れない

>

いらないなら処分しよう

安く処分できる方法がある

不用品回収業者に連絡すると、費用を請求されてしまいます。
パソコンを1台処分するだけなのに、高額な費用を支払うのは嫌だと考えている人がいるでしょう。
その場合は、自分で処分する方法を選択してください。
パソコンを購入したお店に行くことで、引き取ってくれます。
そのため、どこで購入したのか忘れないようメモに残してください。

ほとんどのお店は、無料で引き取ってくれます。
しかし中には有料で引き取るお店もあるので、事前に確認すると良いですね。
仮に有料でも、不用品回収業者に任せた時よりかは安くなると思います。
ノートパソコンなら軽いので、お店に持って行きやすいでしょう。
自分の希望や、パソコンの大きさを考慮して決めてください。

法律が関係している

ポットや電子レンジなどの家電は、資源ゴミとして行政が回収してくれます。
それは、家電リサイクル法に該当しないからです。
こちらの法律に該当する家電は、行政では回収できないと覚えておきましょう。
ですからパソコンは、自分でお店に持っていくしかありません。
購入したお店が遠くにあると面倒に感じるでしょう。

しかし、その辺の空き地にパソコンを捨てるような行為は絶対にしないでください。
それは不法投棄という犯罪になります。
警察に捕まってしまうので、ルールを守ってください。
資源を守るために、このような法律が決められています。
不法投棄はゴミを増やして、地球環境の悪化にも繋がります。
多少距離が遠くても、頑張って持って行きましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る